« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月30日 (金)

なんかなぁ。。。もうひとつ

カメダは相変わらずですか。。。

 

先日、テレビドラマで『砂の器』がやっていました。

 

高校生の頃、松本清張の小説は結構読んでいて、当然、この『砂の器』も読みました。

映画も観ましたね。(丹波哲郎や森田健作、加藤剛が出てるやつ)

『鬼畜』と『張込み』との3本立てだったかな?

 

で、期待して観たのですが。。。なんかなぁ。。。

 

もちろん、原作そのままじゃなく、脚色があって当然なんだけど。

(映画も原作とはかなり違ったし。。。)

 

 

特に引っ掛かったのは、本浦千代吉と秀夫がお遍路姿で放浪していた理由、千代吉が療養所に入れられた理由が変更されていて、それがどうもつじつまが合わない。

 

 

ハンセン氏病を扱う難しさがあったのかもしれないけれど。。。

やっぱり映画版が一等好きかな?

 

 

春、出雲大社に行ったついでに、亀嵩駅にも行けばよかったな。。。(後悔)

 

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年9月23日 (金)

なんかなぁ

なんでなん?

仕方ないのかな?

 

最近、テレビドラマを観ていて、微妙にイラッっとすることがあります。

 

それは、メーカーのロゴ(?)が覆われていること。

すごく不自然に。

 

たとえば、カメラ。

一眼レフタイプのカメラ、ペンタプリズム部の正面あたりに、NikonとかCanonとか誇らしげに入っているはずなのに、黒いテープなどが貼られて、ロゴが見えない。

 

テレビなんかの家電や、小道具で使われることの増えたノートパソコンもそうやね。

みんな、ロゴが消されている。。。

 

最近はクルマまで。。。

 

スポンサーの関係なんでしょうけど。。。

 

 

 

 

昔はこんなに極端じゃなかったと思うのですが。。。

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年9月16日 (金)

良かったのかな?

余計なことをしたのかも。。。

 

先日の日曜日、出勤でした。

9月一杯は土日出勤なのです。

 

いつものように、朝、駅に行くと、さすが日曜日、人が少ない。

ホームにはおじいさんが一人、ベンチに座っていました。

おれが近づいていくと、頭を下げて会釈?

おれの後ろに他の人がいるのかと振り返ったけど、おれしかいない。

知り合い?

 

そしたらおじいさん、八尾(大阪郊外)にはどうやって行くのかと聞いてきました。

「八尾? JRの八尾?」
「JR八尾 どれくらいかかります?」
「1時間弱かな」
「この電車で行けますか?」
「道明寺で乗り換えて柏原まで行ってJRに乗り換えやな」
「道明寺で乗り換え。。。それから。。。」
「道明寺線で柏原まで行ってJRに乗り換え」
「JRに乗り換えですな」

 

解ったんかいな?

 

電車ではおじいさん、離れたところに座っていました。

 

古市駅に着いたとき、おじいさんが近くの人に訊いています。

「坊城(ぼうじょう)はまだですか?」

おいおい、坊城やのうて道明寺や。

「JR八尾はどうやって行きますのや?」

近くの人は分からないと答えています。

しゃあないな。。。

おじいさんの近くに行き、おじいさんに、降りるでって声をかけて降ろしました。

降りなくてもいいのやけど、古市駅で車両がつながれるので乗り直したほうが道明寺駅での乗り換え口に近いのよね。

「どこで乗り換えでしたかな?」
「道明寺」
「道明寺。。。」
「。。。どこでしたかな?」
「道明寺、次の駅」
「道明寺ですな」

道明寺駅で柏原方面行きの電車に一緒に乗り、柏原駅からJR大和路線に乗り換えました。

 

そしておじいさんはすんまへんでしたと言ってJR八尾駅で降りていきました。

 

 

無事、JR八尾にたどり着いて良かった。。。

 

ホンマに良かったのかな?

あのおじいさん認知症かなにかで徘徊癖あるとか?

家族がいなくなったおじいさんを探していたら八尾で見つかったとか?

 

JR八尾まで連れて行ったのは良かったのかな?

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »